ダイビングライセンスの取得

夏はダイビング!そんなダイビングはなんとライセンスが必要って知ってましたか?そんなダイビングライセンスには種類がありそれぞれの違いや発行している団体などを紹介していこう。

海の運転免許証

Cカードを持っていると、安全にしっかりと潜ることができる知識と技能を持っているということの証明となる。これが無いと、外国へ行ってもダイビングをすることが出来ない。

とは言っても、法律で定められていないので、このCカードを持っていなくてダイビングをしても違法とはならず、これで逮捕されるといことはない。

しかし、ダイビングは重大な危険が身近にあり、命を落としてしまうことだってあるため、その対策のための十分な知識、そしてその理解や経験などがしっかりとできていなければならない。その証明の為のためのCカードなのである。

また、ダイビングサービスにおいて、ライセンスを取得していない場合、タンクの貸し出しをしていない。

団体とダイビングスクールの違い

ダイビングを安全に行う為の指導に必要な講習カリキュラムを決定したり、そのカードがどこでも使用できるように広める活動をしている団体がある。ライセンスカードはこの団体が発行していて、団体によって発行しているカードが違っている。

ダイビングスクールは、その団体の決めた講習カリキュラムに沿った講習会を行っている。その講習会を無事パスできれば、その団体の発行するライセンスカードが取得できる。

いくつものライセンスカードが発行できるダイビングスクールもあるのでダイビングスクールをいくつか覗いてみたりしてみるといいだろう。

PADI/NAUI/CMAS/BSAC/SSIなどが有名な団体だろう。

ライセンスカードの違い

次に、ライセンスカードの違いを見てみよう。ライセンスカードには団体やライセンスカードにも種類がある。

団体の種類

さて、肝心なことは、どのカードを取得したほうが一番いいのか?ということだ。

現状、PADIカードを取得しているダイバーが一番多いようだが、これは所属しているインストラクター、ショップなどが多いからという数の理由だけなので、PADIが一番いいということでもない。

なので、その団体がどんな団体かということから選んでみるのがいいだろう。団体によって世界で使用できるのもあれば、日本だけでしか使用できないものもある。

PADI…世界で一番大きい団体
NAUI…インストラクターに高樹沙耶さんがいる
SSI…講習のコースが豊富で、低年齢でも取得可能なコースもある
BSAC…イギリスの団体でチャールズ皇太子が名誉会長に

ランクの種類

ライセンスのカードを発行している団体にも種類があるが、ライセンスそのものにも、「PADIゴールド」や「BSACスクーバダイバー」などなどのランクがある。

このランクはそれぞれの団体の定めた技術に応じてランク分けがされている。ダイビングを始める場合に取得するのは

PADI…オープンウォーター
NAUI…オーシャンダイバー
BSAC…スクーバダイバー

となっている。この始めのランクによるそれぞれの団体ではあまり違いはなく、ほぼ同じ。

更に上級の技術として、潮の流れが早いところを潜ることができたり、更に深く潜ったりなど、ダイビングを更に深く楽しめるためのものがある。そのためにはそれなりの知識、技術をしっかり身につける必要がある。

一般的に標準レベルとされているのが、50本のダイビング経験と、初級の一つ上のレベルのライセンスを取得していること。ダイビングの世界ではこれが標準のダイバーと認識されているようだ。

世界でいろんな人とマグロやマンタ、ジンベイザメなどの大物を見るためにはこのくらいのライセンスは取得しておくべきか?

なるべくは初級のライセンスを取得するだけじゃなく、その先の上級のライセンスの取得も目指して欲しいと思う。ダイビングは一人ではできないし、一緒に潜る仲間たちの迷惑もかけないために、ある程度の練習を行って標準レベルを目指して欲しいと考える。

おすすめWEBサイト 5選

膝痛に効くサプリ
http://chaska-chamber.org/
明大前のオシャレ美容院
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000277343/
銀座美容院で人気沸騰中
http://amis-air.jp/
天然石 卸
http://www.dtsupplier.jp/
ウィークリーマンション 東京
http://www.00monthly.com/

最終更新日:2016/6/15